HOME > 行事予定 > DoシリーズNo.77 『滋賀を知る』〰湖上から観る湖西高島の文化、景観〰
行事予定

DoシリーズNo.77 『滋賀を知る』〰湖上から観る湖西高島の文化、景観〰

開催: 2018年09月01日(土)

女性委員会 Doシリーズ №77

『滋賀を知る』〰湖上から観る湖西高島の文化、景観〰

滋賀県内にある国選定の重要文化的景観件数は6件有り全国2位の数を有します。(文化庁2017.5.1.現在)その中でも高島市は「高島市海津・西浜・知内の水辺景観」「高島市針江・霜降の水辺景観」「大溝の水辺景観」の3件が選定されており、自然と人との暮らしが作り上げてきた文化的な風景が、重要な歴史資産として受け継がれています。形ある歴史資産だけでなく、その風景を形成する人々の生活そのものは、それぞれの地域の社会環境と共に備わってきたものだと考えられます。この水辺景観地域及び湖西高島の景観を今津港から琵琶湖大橋港へと船に乗船し、いつもと違った視点 琵琶湖の湖上から見学研修します。講師には文化的景観のさらなる保存と地域に見合った活用にご尽力されている、高島市教育委員会文化財課主監 山本晃子氏をお招きします。また、近江最古の白鬚神社 湖上に浮かぶ大鳥居、日本唯一の淡水湖に浮かぶ有人島 沖島を周遊し琵琶湖の神秘と歴史にも触れる湖上研修です。ご参加をお待ちしています!

 

講師プロフィール

山本晃子氏 高島市教育委員会文化財課主監  滋賀県生まれ

仏教大学大学院文学研究科修士課程修了 専攻は日本仏教史

今津町教育委員会町史編さん係を経て、現在は高島市教育委員会

文化財課で、文化的景観保護推進、文化財の調査、保護等を担当

                                                                                                                                            

 

●開催日時:平成30年9月1日(土)10:15~13:00

●集合場所:今津港(JR湖西線 近江今津駅より 琵琶湖側へ歩いてすぐ)

●募集人数:30名

●参加費:会員 4,500円  会員外 6,000円

●行程:10:00~10:10 集合・受付(今津港)

          10:15~     今津港出港

                   マキノ町海津・西浜・知内→今津町→新旭町→安曇川町→高島勝野→

                                     白鬚神社・沖島周遊→船内で昼食

           ~13:00    琵琶湖大橋港到着 解散

●申込締切:平成30年8月20日(月) 

●持ち物:双眼鏡をお持ちのかたはご持参下さい。

※今津港を時間通りに出港しますので、遅れのないよう集合して下さい。

参考時間 JR湖西線 草津方面から南回り 近江今津駅  9:52着

           彦根方面から北回り 近江今津駅 10:00着

 ※悪天候等により出航ができない場合は、中止といたします。参加者へご連絡いたします。

 

参加申し込みはこちらから

※申込受付は2018年08月20日までです。

[ 記事一覧へ戻る ]


ページ先頭へ