HOME > 行事予定 > あーき塾Vol.1 ~伝統工芸から学ぶ新たなモノづくり ~ 
行事予定

あーき塾Vol.1 ~伝統工芸から学ぶ新たなモノづくり ~ 

開催: 2019年09月07日(土)

青年委員会 あーき塾Vol.1 ~伝統工芸から学ぶ新たなモノづくり ~

今年度のあーき塾では「木造建築物」の技術や魅力について、伝統工芸や美術作品を通して、体験・見学・座学の全3回の研修を計画しています。Vol.1として比良にある木桶をつくられている「中川木工芸」にて、工房の見学と実際に工具を使用してのカトラリー(スプーン等の食器)製作を体験します。

「中川木工芸」の作品は白木の美しい質感を生かし、革新的な表現のデザインも多く海外からも高い評価を受けています。木桶職人としての繊細な技術や工法に触れて、建築とは違ったモノづくりの考え方を学び木造建築物に活用できる機会になればと思いますので、是非ご参加ください。

 

日 時:令和元年9月7日(土)10:30~16:00(受付10:20~)

会 場:中川木工芸 比良工房 ※現地集合・現地解散

    大津市八屋戸419(JR湖西線蓬莱駅徒歩8分) 駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

参加費:建築士会会員・学生 3,000円 建築士会非会員 4,000円

昼 食:各自持参

定 員:20名(先着順)

申込締切:9月5日(木)

講師プロフィール:中川 周士(なかがわ しゅうじ)氏

1968年 京都市生まれ

京都精華大学美術部立体造形卒業後、中川木工芸二代目清司(重要無形文化財保持者)に師事。

2003年 中川木工芸 比良工房を開き現在に至る。

2010年 「ドン・ペリニヨン」公認の高野槙シャンパンクーラーを開発。

      伝統木工芸の素材や技巧をテクノロジーと融合させた新たな

      モノづくりの形は、国内だけでなく海外からも高い評価を得ている。

 

参加申し込みはこちらから

※申込受付は2019年09月05日までです。

[ 記事一覧へ戻る ]


ページ先頭へ